1万再生で入る金額は?

最近はユーチューバーと呼ばれる人が増えていますね。YouTubeは動画再生数に応じて報酬をもらうことができます。一見華やかに見えるユーチューバーの活動もアフィリエイトのひとつといえるでしょう。動画を作れば後は報酬が入ってくるのを待つだけというスタイルに憧れる人も多いのではないでしょうか。

 

ただし、YouTubeで報酬をもらうには条件があります。当たり前のようですがYouTubeの動画が再生されなければ報酬は入りません。

 

では、一般的なユーザーがYouTubeに動画を公開した際に得られる再生数はどのようになっているのでしょうか。平均的な再生数は100程度といいます。YouTubeの再生回数と単価は1再生につき0.1円です。なので、一般的なユーザーはひとつの動画作成につき10円程度の報酬しか期待できません。これならもっと単価の高い情報商材のアフィリエイト広告を自分のブログにでも載せた方が随分効率がいいように見えます。

 

YouTubeでは1万再生でやっと1,000円の広告料が入ります。有名なユーチューバーになると百万再生も夢ではありませんが、一般的な人には難しい目標です。ですが、なんとか自分の力でYouTubeの動画の再生数をアップさせる方法はないのでしょうか?再生数の多い動画を見てコツをつかみましょう。

自分のサイトを準備して再生回数を増やしましょう

再生数の多いYouTubeの動画を見てみると、違法アップロード動画が多いです。テレビの番組の録画をバレないようにして編集してアップロードしたものや、悪質なものだとテレビ番組そのものをまるまるアップロードしているケースもあります。テレビ番組には著作権があります。著作権違反をしているYouTube動画で再生回数を稼ぐのは論外です。

 

YouTubeで広告料を得るのなら、自分で作成した動画であることが大前提です。

 

YouTubeの動画の再生数をアップさせるためにはYouTubeで公開するだけではなく、自分で準備したブログやサイトに掲載してアクセス数を増やすようにするとよいでしょう。

 

動画を作成するたびにブログで紹介していれば固定ファンがつきます。新作動画を楽しみにしている人が増えればその人たちが宣伝してくれることもありますし、メルマガなどでの拡散も狙えます。

 

YouTubeで動画を公開して広告料を稼ぐのであれば、自分自身のファンも増やしていった方がよいですね。

 

自分のサイトを準備しておけばYouTubeへのリンクのほか、単価の高い情報商材へのリンクを貼ることもできますのでアフィリエイターとしては効率がいいですよ。