遠くで汽笛をききながら

ヤフーカードを作ってからコンビニに行く回数が増えた、にぽりです。

 

今日は、かるく自己紹介をさせてください。

 

【年齢】48歳
30年のセールス歴で培った経験が一番の武器です。

 

★得意分野
アフィリエイト、せどり、ライティング。

 

★家族合成
バツイチ子なし、犬あり(笑)

 

★性格
良いとこ:他人に優しい
悪いとこ:自分に優しい

 

一押しコミック:HUNTER×HUNTER
(アニメ版は書き変えられるたびに残念)

 

 

少し過去を振り返ってみます。

 

ネットを意識し始めたのは30歳くらい

 

口頭とは、違う文字のセールスに魅力を
感じながらも当時はバカにしていました

 

『顧客はそんなに甘くない』と。

 

だって当時のアフィリエイトブログは

 

「わずか数ヵ月で月収●●円」
「自由を手に入れて幸せです」
「副業が成功して脱サラした」

 

みたいな、わたし稼いでます的なのが多く、
その収入が続く保証などあるわけないのに
今は会社を辞めて幸せですとか言ってます。

 

そんな、いい加減なウソが多い時代でした。
普通、月20万の副収入で脱サラしません。

 

本業が・・・あ・れ・ば・ね!

 

★最初の挫折★

そんな私も30代、青春かけて勤めた
会社が潰れて派遣で食い繋いでました。

 

わかっていたけど実際、潰れたら辛い!
生意気な私を育ててくれた営業の鬼も
子供を転校させ田舎に引っ越しました。
切ないねぇ(元気にしていますか?)

 

★さて、就活しよか!★

て、張り切ってみても現実、中年の再就職なんて簡単には探せません。
解散前から休日は面接や試験ばかりしていましたよ(しかも高卒だぜ)
仕事があってもホワイトでも足元を見てブラック化したりします。

 

サラリーマンは一人前に自分で生きているようで
会社に生かされていただけと思い知らされました。

 

いろんな販売や接客で食い繋いでたなぁ
まぁそこは学歴のない中年親父ですから

 

頭から離れない将来不安は重く大きい!
俺が何をしたと嘆いてもしかたがない!

 

やがて、焦ってあるビジネスに手を出し
最初に300万、後に200万、貴重な
預貯金までドブに捨ててしまいました。

 

最終的に400万ほど借金が残った・・・

 

20代の失敗は、まだまだ取り戻せます。
40代の失敗は、違う生き方もできます。
30代の失敗は、人生が狂っちゃいます。

 

そんな男にも4年付き合った彼女がいて、
年齢的にも借金、結婚。あぁどうしよう

 

人生をあきらめるほどの痛手でもないし
比較的、物価の安い田舎に撤退を考える。
必ず再生するつもりだったしプロポーズ

 

自分の郷にはどんな人が多いか知ってます
ただの都落ちと思われたくなかったんです

 

そんな考えを密かに持つ身勝手な男だが
落ちてもヒモ化しなかったというだけで
信頼し受け入れ仕事も辞めた女性でした。

 

帰省の狙いは他に、父の遺産を手に入れるため。
遺産をチラつかされて親族の仕事も手伝います

 

【と、ここまで足掻いて生きた結果は?】

後に遺産は母の意思で母の再婚相手にわたる。
(私が45歳過ぎて暴露するところが怖い)
理由は話したくないけど妻とも離婚してます。
(これはこれで大きな爪痕を残してくれた)

 

 

騙されたとはいえ身寄りのない親戚の仕事も即投げ出せず
そのうち温く生きた地元の人間たちには精神疾患を疑われ
かつての友人にもいい加減、自立しろと説教される始末。

 

これが我が田舎の警戒していたところ。悪気はないのです。
でも、見たまま思いつきで考えずに口に出せてしまうのです。

 

子供の頃から、そこは理解できない。
温いところが正直、羨ましい。

 

勿論、私はべつにニートでは、ありませんでしたよ。
とても「遠くで汽笛をききながら」の気になれません。

 

だから、やはり耐えきれず示談しました!
減額してもらって借金は完済、今でも後悔。

 

 

と、やっとここから
そんなこんなをしている間のネット始めた話。

 

【帰省10年で私がやったこと】

案外ドタバタな人生だけど本来の目的は借金完済です。
地元についてから働きながらネットも始めていました。

 

モノを売れるから楽勝なはずのアフィリエイトに大苦戦
口頭テクニックをそのまま文字で使えるわけがないのに。

 

独自ドメインを取得して
キーワード選定を学んで
千文字で百記事も書いた

 

それだけ時間と労力をかけても
数千円しか、稼げませんでした。

 

敗因は当然、知識がなかったから。

 

コンテンツミスマッチをしていたので記事が圏外に飛ばされたのです。
それでは、どれだけ記事を書いても、人目に触れることはありません。
また、アフィリエイトは広告主が掲載をやめることも頻繁にあります。

 

その度に代わりになる商品を探して
紹介文を書くなど手間がかかります。

 

そこで教訓!Googleや広告主など
 『何かに頼っちゃダメだ!』
我ながら、良い教訓だと思います。

 

しかし、私は更に間違った方向に走ります。
「自分で商材を作れば、広告切れがない!」

 

セールスレターの作り方を学び
ステップメールの仕組みを覚え
見よう見まねで宣伝活動もした

 

それだけ時間と労力をかけても
数千円しか、稼げませんでした。

 

今一度、何かに頼っちゃダメだ!
その教訓を思い出して自分で仕入れて自分で売るせどりを始めたのです。
上手くいかない期間もありましたが、まぐれではないコツも掴めました。

 

お金を作れた事実は自信となり気持ちにもユトリが持てます。
だから変な焦りもなくアフィリエイトに再び取り組めました。
せどりが先、という取り組む順番を間違えていたみたいです。

 

 

【最後に】

お気付きでしょうか?「何かに頼っちゃダメだ」

 

会社に頼って生きることが叶わなくなった時点で気付くべきでしたね。
Googleだけではありません。田舎を頼り、女性を頼り、亡き父を頼り

 

そして今、全てを失っています。

 

今、↑の私みたいな思いをしていませんか?

誰もが器用に生きれるわけではなく、
大きな努力もせず、大して苦しまず
運よく渡り歩いていける人もいます。

 

世の中は、平等ではございません。
でも、妬んでいても始まりません。

 

これだけ惨めな自己紹介をして偉そうなことを言いますが私は
何かを頼って回り道をしたけど、何かのせいにはしていません。

 

あなたがネットで稼ぎたいではなく、自分だけの力を身に付けたい。
そう、思ってくださるなら、私はあなたに回り道をさせません。

 

そして、いつか一緒にビジネスがしたいです。
みませんか? そんな人生がワクワクできるゆめ

 

>>>次の記事:転売せどり、アフィリエイトで稼げない人によくある“3つの特徴”